Cold Water Survival  by  MUSTANG  SURVIVAL

Life Support Solutions for Land, Sea and Air

私たちを育み、私たちの心を癒してくれる優しく美しい大自然、その大自然が私たちに猛威を振るう時がしばしばあります。大自然の気紛れから突然不測の事態に巻込まれる場合や穏やかな大自然の営みの中で私たちの些細なミスから危険な事態に発展する場合も多々あります。 私たちは誰もが自分だけはまさか? と思いがちですが悲しい事故が繰り返されている事は隠しようのない事実です。 生死を分ける状況に陥った場合でもセルフ・レスキューを可能にする装備があれば、何ら怯む事なく立向かえます。

Cold Water Survival :冷水から生還する

陸上で如何に優れた防寒着であっても、水中では陸上で示した保温性能を全く期待出来ません・・・落水事故において生死を分ける重要なポイントは 落水から 10分以内に 救助を受けられるか、否か? に係っています。水中に於ける熱消耗は大気中のそれに比較して 約5倍の速さ で進行すると云われていますから、冷水への落水を想定した場合、呼吸を確保するのに十分な 浮力性能 に加え、救助を受けるまでに可能な限り基礎体温を温存出来る 熱絶縁性能 を備えている衣類の着用が、不慮の事故から 無事生還する ために必要な最低限の条件となります。冷水への落水事故では救助を受けるまでの時間が長くなると 浮力だけで生命を守り切ることは不可能です。

耐寒耐水性能 : 普通の防寒着に比べて約3倍温かく、体力を温存します。

保温絶縁性能 : 水中での熱消耗を抑え、低体温化を防ぎます。

浮  力  性  能 : 落着いて救助を受けられるように、呼吸を確保します。

欧米諸国では早い時期から 冷水に落水する場合 を想定した コールド ウォーター ・サバイバル に強い関心を深めており、不慮の事故から 無事生還する ことを目的とした 究極のサバイバル・ウェア開発 に積極的に取り組んできました。現在では政府と民間の違いを問わず、万一遭難事故が発生しても、犠牲者を出さないという環境を確立しています。

Hypothermia Protection 低体温症に対応する

 

Style Number Col Value
Nude(人体) 0.06
Traditional Fishing Attire 0.10
MAC-10 0.43
MAC-11 0.43
MAC100 0.50
MAC200 0.65
MS195 0.42
MC1535 0.18
MJ6215 & MP4212 in combination 0.35
MJ6225 & MP4222 in combination 0.35
OC8001/IC9000 0.96

グラフの見方

平均的な成人の場合に、各々の温度の水中で生命維持が可能な平均的予想時間を表しています。 これらの数字は実験で得られた予想に基ずく概算であり、平均的な成人が波の静かな水中で援助を待つ間、その体力を消耗せずにじっとして動かない場合を想定しています。

ESTIMATED CALM WATER SURVIVAL TIME

(hours) (生存時間)

WATER TEMPERATURE (IMMERSED CLO)
(imm.clo) (水温)

人が水中で生き残ることができる時間は水の温度と遭難者の防護服が持つ熱絶縁値の両方に係わります。

水中で悪戯に動いた場合、体温と体力を著しく消耗する事になります。

 

低体温症に対応する耐寒保温性能をCLO値で表します。

上記の図表では身体が0.06 CLO、一般的な防寒着が0.10 CLO、Mustang Survival社のMAC-10が0.43 CLO

を有すると表示されています。(水中に於けるCLO値)

 

衣服の重量と保温性能CLO値の関係:

衣類の熱抵抗を表す値で、衣服の暖かさの目安になります。 これは、皮膚表面温度と外気温度の差、皮膚表面から外への熱の流出量、衣類の熱絶縁度から導き出されるもので、ある条件の下で、平均皮膚温度が33を保つことができる衣類の熱絶縁値を1CLOとしています。 

 

 

 

Hypothermia Protection : 死に至る低体温症

身体が長時間冷水に浸される事により身体は低体温化に陥ります。 低体温化により基礎体温が低下し、身体は極度の疲労状態(身体全体の震えや筋肉の硬直等)に陥り、やがて正常な意識を失う事になり、更に時間が進むと心臓停止という最悪の状況に陥る死亡率の極めて高い(20~90%)重篤な疾患です。

落水事故(不測の事態)が考えられる状況でのアウトドア・スポーツやお仕事等では、水中で基礎体温を温存できる熱絶縁性能と呼吸を確保できる浮力性能を備えたサバイバル・ウェアの着用をお薦めいたします。

低体温化の症状は多くの場合、女性より男性に多く発生しています。 その中でも痩せ型で良く鍛えられた筋肉体質の男性が低体温化に陥りやすい傾向にあります。10分以内の救助は困難だろうと予想される場合には水中での熱ロスを極力抑え、楽な呼吸を確保する事が可能な最低限のサバイバル・ウェアを予め準備(着用)する必要があります。

 

Flotation Protectio : 体力の消耗を抑え呼吸を確保する浮力性能

Style Number Size Buoyancy
Lbs Kgs
MAC-10 Small 21 10
MAC-11 Small 21 10
MAC100 Small 21 10
MAC200 Small 23 11
MS195 Small 21 10
MC1535 Small 17 8
MJ6215 / MJ6225 Small 16 7
MP4212 / MP4222 Small 7 3

 

我々人類は、溺れ死ぬ危機を知っています。

 

Mustang Survival社はそれに対して保護するべき解決策を見つけることから始め、科学的な防護服を作りました。

セルフレスキューを可能にする浮力性能    資料提供【青森県防災航空隊】

A


A) MAC-10

背面姿勢でプールに飛込み、自らの浮力で浮き上がってきた状態です。
MAC-10/11/100は各サイズにより多少は違いは有りますが、18~21Lbsの浮力性能を持っています。
(FAA基準値内)
  E

E)上
ウエット・スーツ
    (俯せの姿勢)
 中
MAC-10
    (仰向けの姿勢)
 下 MJ6215・MP4212
    (直立の姿勢)
B


B) MJ6215・MP4212

背面姿勢でプールに飛込み、自らの浮力で浮き上がってきた状態です。
MACシリーズと同様に18~21Lbsの浮力性能を持っています。
(FAA基準値内)
C


C) 上 MAC-10
  下
MJ6215・MP4212

落水後、様々な浮遊姿勢(泳ぎ)を体験し、セルフ・レスキューを体感されまた。充分な浮力性能と動き易さは緊急時の救助活動にも対応可能です。 
  各ウェアの浮力性能を確認できる場面です。
十分な浮力性能は水中に於ける体力消耗を最小限に抑えます。
  F
D

D) MD3012(救助を待つ姿勢)

4000Lbs対応のセーフティ・ハーネスを装備していますので、緊急時の救助活動にも充分対応可能です。
自らは35Lbsの浮力性能を持っていす。
(FAA基準値内)
 
G

G) MD3012(直立の姿勢)

4000Lbs対応のセーフティ・ハーネスを装備していますので、緊急時の救助活動にも充分対応可能です。
自らは35Lbsの浮力性能を持っていす。
(FAA基準値内)
  F) MJ6215・MP4212/
  MA7102

プールから出た直後のウェアの状態ですが、ステップを昇る間に排水をほぼ完了しました。左右の手にはサバイバル・ミット(3分割式)を装着しています。

 

 

AIRSOFT-FOAM  : エアソフトフォーム  

Mustang製品に共通したクオリティ

マスタング社独自の AIRSOFT-FOAM を使用したフローティング・システムは同社のサバイバル製品の根幹をなすものです。 AIRSOFT-FOAM は同社が生産する全てのサバイバル製品に優れた浮力性能と絶縁性能(保温)を与えています。 全てのマスタング製品は沿岸警備隊が定めた最小限の浮力性能を遥かに超えた水準で生産されています。 これは長い年月の使用に AIRSOFT-FOAM がその浮力性能を低下させるかも知れない可能性を否定する為の処置にほかなりまん。
AIRSOFT -FOAM で形成されたライナーはその接合部から風や水が浸透出来ないように特殊な接合処理を施しています。 柔軟性に富み、優れた機密性を持つ AIRSOFT-FOAM の効率的な活用が着易く機能性に優れ、いざと言う時に貴方を守るサバイバル・ウェアを完成させました。

 

Fire Protection : 火傷に対応する耐火・耐熱性能

MAC-10/100/200 aramid+PVC+aramid(三層構造)

Mustang Aviation Coverall

MAC シリーズ testing

熱を奪うことができるカバールオール

 

それはMustang Aviation Coverall(MAC)から始まりました。

この衣服は、火災に対する信頼性の高い保護を提供しただけでなく、浮力および低体温保護をパイロットを提供しました。

ヘリコプターの乗組員が採用したMACシリーズは完全な防火機能を備えています。 厄介な火の玉テストに耐えるのに十分です。

今日のMACシリーズはさらに高い保護と信頼性を実現しており、いくつかのモデルは現在特許取得済みの通気性フォームを使用して快適性を向上させています。

 

84kw/mの熱流動(※)の中で、2度の火傷から20秒間完全に防御できるフレーム抵抗を持つ
(※)84KW/㎡の熱流動:クラッシュした航空機の回りで燃料が激しく燃焼する状態。